全身脱毛と部位脱毛の違いとは!?

施術できる範囲が違う

脱毛サロンや医療脱毛を提供するクリニックでは様々なコースが用意されています。大きく分けて全身脱毛コースと部位別のコースがありますが、どちらにするかでも悩むところです。まず、全身脱毛コースは、その名前の通り、ほぼ全身の施術に対応しています。それゆえ、目立つ部位だけではなく、普段は人に見えていないところや自己処理では対応しきれない部分もきれにしたい人にぴったりです。これに対して、部位別はその名前の通り、好きな部位だけを選んで施術を申し込むことができます。脇のみなど、狭い範囲から選ぶことができますので、いきなり全身脱毛を申し込むのは不安だと感じる人にも気軽に申し込めるのがメリットです。一か所だけではなく複数の部位を組み合わせることもできます。

施術できる範囲をチェック

全身脱毛コースの場合は、広範囲の施術もリーズナブルに利用できることがメリットです。全身に対応したコースというイメージがありますが、施術できる範囲はサロンごとに違いがあります。顔脱毛が含まれていない場合もありますし、ビキニラインもVIOまで対応しているところもあれば、Vラインのみを整えるサロンもあります。脱毛したい範囲が含まれていないと別途料金が発生することになりますので、コース内容はよく確認しておきましょう。部位別は施術をしたい部分だけをきれいにできるのがメリットですが、施術をしていない部分との境目が気になる場合もあるので注意が必要です。部位別で広い範囲の施術をする場合は、全身脱毛コースよりも高くなる場合もありますので、どちらが得になるのかもよく確かめておきたいところです。